information detial contact fleur marche termes journal
catalogue
  • フェイスブック (@VisionsAntiques)
  • ツイッター (@VisionsAntiques)
  • インスタグラム (@visions_antiques)
search
LOMONOSOV
ロモノーソフはロシアの古都、サンクトペテルブルグにある、約260年の歴史を誇る名磁器窯。1744年女帝エリザベータの命により「ロシア皇帝専属陶磁器工房」が設立されました。ヨーロッパの陶磁窯の歴史は1710年にマイセン(ザクセン王国=現ドイツ)、1731年 ロイヤル・コペンハーゲン(デンマーク)、ついでジノリ(イタリア)そして1744年 ロモノーソフ〈ロシア〉。その後にセーブル(フランス)、ウェッジウッド(イギリス)と続きます。
ヨーロッパ陶磁窯の歴史から見てもロモノーソフは貴重な位置を記し、その長きにわたる伝統を受け継ぐ誇りと、常に品質の高いものを追求する職人達の手で、今もサンクトペテルブルクの工房で造られています。その歴史と格調の高さはロシア国内にとどまらず欧米諸国でも高く評価されています。
Animal Figurine
figurine フィギュリン とは、陶土・テラコッタ・金属 などで作った小型の人形のことです。16世紀ころから、ヨーロッパの貴族達にとっては豪勢な晩餐を開くことがひとつのステータスとなっており、料理だけでなく食卓や食器にまで凝った演出を施していました。当初、晩餐のテーブルを装う飾りは、各家お抱えの料理人やパン職人が、蝋やパイ皮で作っていましたが、やがてその飾りが陶磁器で作られるようになり、フィギュリンがそれに代わるようになったということです。
ロモノーソフのフィギュリンは、1744年から何代ものアーティストによって作られているため、その時代ごとに表情が異なるのが特徴です。また、1つ1つ職人の手によって絵付け、色付けされているため、色の濃度などが微妙に違ったり、マークも異なる場合があります。長い時を経て、作り続けられてきたフィギュリンは、時代が変わってもその愛らしい表情でたくさんの人々に愛されています。